2022年度

2021年度

2020年度

2019年度

2018年度

2017年度

2016年度

2015年度

2014年度

2013年度

ニュース一覧

「東京2020大会仕様デザインマンホール蓋」の展示を開始しました。

 東京2020大会の気運醸成、シティドレッシングを目的として東京都下水道局が製作したデザインマンホール蓋です。
大会終了までは、自転車ロードコース上や聖火台設置場所である夢の大橋などの道路上に計20枚(全5色)設置されていましたが、大会後は、レガシーとして大会の感動と記憶を後世に継承するため、そのうちの1枚(紅色)を当施設へ移設しました。

 デザインは、東京2020大会エンブレムと競技会場等の装飾に施される大会ルックを組み合わせています。
大会ルックの基本カラーは「紅」、「藍」、「桜」、「藤」、「松葉」の5色で、日本らしさを世界の人々に印象づけるため、「かさねの色目」などの日本的な文化が確立された平安時代から続く日本の伝統色を使用しております。

 東京都虹の下水道館「アースくん」の家付近に設置いたしました。
ご来館の際はぜひご覧ください!

ページトップへ